代表理事 鈴木理恵 からのご挨拶

鈴木理恵

チンチラを心から愛する方が、年々、増えていることを、心から嬉しく思います。
いまこのご挨拶のページを開いてくださっている方は、きっと「チンチラの未来を少しでも明るくできたらいいな」と考えていただける方の一人だと信じます。

日本でのチンチラの飼育は不向きです。
それを理解した上で、私はチンチラという動物への社会の理解を求めて、いままで活動をしてきました。

「不向きなら飼育しなければいい。」と言われることも多いです。そう思います。
それでも、一度ペットとして販売・飼育された動物は、よほどのことがない限り、社会から消滅することはありません。
もちろん、飼わない選択も一つの方法として提案していきながら、可能な限り、チンチラを不幸にしない方法や対策を考えて、それを多くの人とともに実行していくことが、大切ではないかと思いました。

そして、チンチラという明るく前向きな感情豊かで愛情深い動物が与えてくれる多くの贈り物が、現代の日本人の心を豊かにしてくれるだろうとも確信しています。

しかしながら、チンチラの生息地とはかけ離れている気候の日本において、チンチラを飼育することはとても難しいものです。
それを踏まえて、チンチラと暮らすことを決意する方は決して多くはありません。
「かわいい」というだけで買う(飼う)ことができる日本の現状も変えていかなければいけません。
「こんなはずじゃなかった」という不幸な結果を招いてはならないのです。

ここ数年で、チンチラと暮らす方は、急激に増えています。
そして、その生活を通して、チンチラを心から愛する方もとても増えていることも事実です。
チンチラを愛する方が増え、その想いが一つになって大きくなればなるほど、そのパワーは未来を明るいものにしてくれる、そう信じています。

「最愛のチンチラと毎日楽しく平和に暮らしたい。」

それはチンチラと暮らす者にとっては、当たり前のように心から望んでいることです。
それでも、愛すれば愛するほど、日々不安は募り、自分の飼育方法に自信が持てない方も多いものです。
絶対飼育数が少ないがために、困った時に相談する先や同じような想いを共有する場所がなく、サービスが追いついてきていません。

協会では、そういった飼育者個人を支えていく生涯のサービスはもちろんのこと、社会全体のシステムに対する提案などを提供しつつ、日本におけるチンチラのあり方を会員のみなさんと一緒に考えて対策を立てていきたいと考えています。

「最愛のチンチラと毎日楽しく平和に暮らせる社会を作りたい。」

愛するチンチラとのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が向上するように、不幸なチンチラが1匹でも減るように、それこそが、私がこの一般社団法人日本チンチラ協会を立ち上げた心の奥底からの想いです。

愛するものとはできるだけ長く一緒にいたい。
でも、振り返ってほしいことは、その長さの競い合いではなく、その時間がどのくらいお互いにとって満たされていたかどうか、それがとても大切であることを発信しつづけたいと思います。

一般社団法人 日本チンチラ協会
代表理事 鈴木 理恵

代表理事略歴

東京都出身。早稲田大学卒。大学では主に幼児・児童心理学や生命倫理学を専攻。

小動物飼育研究家。飼育カウンセラー。

ペットショップコンサルタント。1級愛玩動物飼養管理士。

出版・教育・福祉・カウンセラー業界を経て小動物業界へ。

うさぎ・モルモット・チンチラ等の日本における適正飼育のあり方を研究。

小動物の真の魅力を伝えるとともに正しい飼育方法の普及活動を行う。

日本で初めて、チンチラのオリジナルグルーミングエステを始める。

チンチラ専門店「Royal Chinchilla」プロデューサー兼マネージャー。

チンチラブランド「Suzzy Chinchilla」、日本で初めてのチンチラ用布製品ブランド「Margaret Hammock」等飼育用品や「Roy&Catherine」「Chinchillaholic」等のチンチラの雑貨ブランドを手掛ける。

(株)Suzzy Japan代表取締役社長。

主な著書・監修書に『チンチラ完全飼育』、『うさぎの時間』、『子うさぎの時間』、『うさぎの飼育観察レポート』、『うさぎの心理がわかる本』(いずれも誠文堂新光社)、『ふわっとチンチラ』(河出書房新書)等がある。